医療機器位置検知システム
医療機器の位置を可視化することで
業務効率改善徹底した資産管理を実現
〜 Medical  Equipment  Visualize 〜

MEVI

こんな内容で悩んでいませんか?

位置検知
レポート

どこにあるかわからない

医療機器を探すことが面倒である

医療機器の適正台数がわからない

コスト

医療機器位置検知システムを

​導入したいけどコストが高い

これらの問題はMEVIで解決

院内にある医療機器の居場所を
タブレットですぐに確認できます

しかく.png
入れ替え影なし.png
NEWゲートウェイ.png
しかく.png

1

​医療機器の位置検知を簡易に可視化

中継機の半径10m程度に医療機器が近づくと位置を検知します。
さらに、通過しただけでも検知可能です。

検知した医療機器の位置情報は、リアルタイムでPCやタブレット端末で
​確認することができます。

 
しかく.png

2

低価格による経済的負担を削減

医療機器の位置検知はニーズがあるものの、高額なシステム導入費や
ランニングコストが課題です。

MEVIはそれらの課題を解決します。
​導入から運用までの経費を大幅に抑えることができます。

モデル病院規模:400床   医療機器台数:300台の場合

MEVIのコスト画像(改訂.001.jpeg

MEVI

A社

ランニングコスト

MEVI

A社

※中継機、ゲートウェイの設置台数により価格は変動します。

しかく.png

3

​病院全体のIoT化により業務効率up

MEVIは位置検知だけではなく、BLE(※1)が搭載された体温計、血圧計や
パルスオキシメーターなどを使用すると、各測定データをLoRa(※2)通信で
ナースステーション等へ集約することができます。
こちらはオプション機能となります。

(※1)BLE・・・超低消費電力のBluetooth
​(※2)LoRa・・・低消費電力で長距離通信が可能な無線通信方式

なぜこれらの事が可能なのか?

 

MEVIで使用しているLoRaはLPWALow  Power  Wide  Area)の一種で
低消費電力かつ長距離通信が特長です。


​そのため、少ないゲートウェイと中継機で広域ネットワークを構築することができ
導入費用を抑えることが可能です。


医療機器と中継機間、中継機とゲートウェイ間の通信は外部の基地局を通さず
通信費がかからないためランニングコストを抑えることが可能です。


​院内全館という広域でありながら低コストで効率良く医療機器の管理運用を実現できます。

製品紹介

まる.png
ES920GWX3-removebg-preview.png

プライベートLoRa(※1)ゲートウェイ  ES920GWX3E

IoT向け無線ネットワークの構築を実現するゲートウェイです。
ゲートウェイはプライベートLoRaとインターネットを繋げます。

医療機器の位置情報を各中継機からLoRa通信で受信し、PCやモバイル端末に
​LTE通信
(※2)で送信します。

まる.png
ワイヤレス中継機

ワイヤレス中継機 ES920BLE-S3

LoRaモジュールとBLE(※3)モジュールを組み合わせたワイヤレス中継機です。
BLEタグから発信された位置情報を受信し、LoRa通信によりゲートウェイに送信します。

従来のBLEやWi-Fiでは実現できなかった半径数キロメートルに及ぶ広域型ネットワークの
​構築が可能です。

まる.png
BLEタグ

Beaconタグ ESBLE-T3

医療機器に取り付ける軽量小型なタグです。
​付属の両面テープやトラップで簡単に設置・取り付けが可能です。

(※1)LoRa・・・低消費電力で長距離通信が可能な無線通信方式
(※2)LTE・・・高速通信回線で、携帯電話回線に使用
​(※3)BLE・・・超低消費電力のBluetooth

システム概要

しかく.png
_i_icon_11495_icon_114950_256.png
パソコン

​BLEタグ

LoRa通信

PC/モバイル端末

_i_icon_11495_icon_114950_256.png

中継機

_i_icon_11495_icon_114950_256.png
_i_icon_11495_icon_114950_256.png

BLE通信

ゲートウェイ

_i_icon_11495_icon_114950_256.png

LTE通信

まる.png
まる.png
まる.png
まる.png
まる.png
ES920GWX3-removebg-preview.png
ワイヤレス中継機
ワイヤレス中継機
BLEタグ
BLEタグ
Web UIデモ画面

Web UIデモ画面

Web UIデモ画面

ID/パスワード:demo

 

MEVIの開発には臨床工学技士が監修しています

石田 幸広

・株式会社木幡計器製作所 取締役
・大阪府済生会泉尾病院 ME科
・日本臨床工学技士連盟 事務局長
​・石田プロダクツ合同会社 代表社員

 昭和56年生まれ、2004年広島国際大学保健医療学部臨床工学科卒業後、臨床工学技士として病院での人工透析・人工呼吸管理業務と医療機器安全管理責任者の経験を経て、2021年2月株式会社木幡計器製作所の取締役に就任。
​ ものづくり企業の中から、医療専門職の知識と経験を活かし、町工場の取締役兼臨床工学技士として、ものづくり企業経営に参画し、医工連携による新たな医療機器開発にチャレンジする。

IMG_5423.JPG

実績紹介

・大阪府済生会泉尾病院

ユーザーの声

医師
しかく3.png

医療機器の捜索件数が減少した。
さらに院内における医療機器の稼働率が明確になったことで、
​実質的な必要台数が明らかになった。

しかく3.png

従来行っていたバーコードの読み込みによる医療機器の管理が
​不要になったため、医療機器の貸出・返却操作が不要になった。

看護師
 

企業紹介

しかく3.png
基盤

IoTソリューション普及のために
最適な無線インフラを提供します

EASELとは絵を描くキャンバスを支える台。
IoTに必要な無線は、誰も飛んでいる状況を見ることはできません。
EASELでは、目に見えない無線インフラにてIoT社会を創造します。
EASEL_ロゴ_2021.1.15.jpg

IoT企画からODM供給まで、IoTを総合的にサポートします

EASELはIoTに必須な無線通信技術に特化したファブレスメーカーです。
IoT向けLPWA(Low  Power  Wide  Area)として920MHz帯LoRaモジュールの開発/販売を中心に、
​IoT無線インフラ構築、IoT向けカスタムユニット開発、クラウドシステム開発を進めています。

IoTシステムを構築する際、どの様な無線方式を使い無線ネットワークを
​構築するかは、IoT化のための重要なポイントです。

株式会社EASELでは、無線レイヤーを含めたIoTコンサルティングにて最適な無線方式/
無線ネットワーク構築、​エンドユニット/ゲートウェイ仕様、システムまでの提案が可能です。

システム供給までの流れ

修正後太字.png
 
ビジネスミーティング

IoTの導入を検討しているなら、EASELにお任せください。
EASELのIoTコンサルティングは、お客様のニーズに合わせた柔軟なご対応が可能です。

詳しい資料のご請求やご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

弊社を知った経緯
ご要望(複数選択可)

​株式会社EASEL

横浜市緑区長津田みなみ台5-7-8 AIビル401

Tel: 045-988-1230